お好み焼き

『お好み焼き』

少し意外な日本食に、お好み焼きがあります。しかし、歴史は古く起源は安土桃山時代にまでさかのぼると言われています。お好み焼きは大きく分けると『関西風』と『広島風』の2つに分けられ、『関西風』は小麦粉をだし汁で溶いた生地にキャベツの千切り、山芋をすりおろしたものと具材を混ぜて焼くのが特徴で、『広島風』は小麦粉を水で溶いた生地を鉄板に薄く敷き、その上にキャベツの千切りや具材を乗せて、しんなりしてきたらその上から生地を少しかけて裏返すというのが特徴となっており、作り方に大きな違いがあります。
どちらのお好み焼きも、具材が変化してきており、最近では餅やチーズ、明太子などさまざまなものが使われるようになっています。中にはチョコレートなどを入れ、デザート感覚で食べるものもあるようです。

【基本材料】
小麦粉、卵、キャベツ
【具材にする材料】
イカ、天かす、小エビ、豚肉、もやし、ねぎ、にらなど