おでん

『おでん』

冬の日本食の代表であるおでんは、材料さえ準備すれば簡単に作ることができ、最近では『おでんの素』が販売されているのでだし汁から作る手間が省けるため非常に人気の高い家庭料理にもなっています。また、地域によって出汁のとり方や、おでんの中に入れる具材に特徴があります。食べる時に薬味としてからしや味噌ダレをつけて食べることもあり、好みや地域性によって異なります。
さつまあげなど油で揚げてあるものは事前に熱湯をかけて油抜きをし、大根は皮をむいて切った後、面を取り十字に切り込みを入れて米のとぎ汁で下茹でしておくと味が染み込みやすくなります。
【基本材料】
だし汁、ゆで卵、こんにゃく、大根、ちくわ、はんぺん、昆布
【具材にする材料】
牛筋、ウインナー、さつまあげ、鶏手羽元、ホタテ、餅巾着、じゃがいも、トマト