うどん

『うどん』

そばと並んで日本食の麺類の代表格となっているうどんは、そばよりも太くカロリーはそばより低いのが特徴です。うどんはコシが大切で、食べる時に使用するつゆは地域ごとに味が異なります。東日本は鰹節と昆布で出汁をとり濃口醤油をあわせ、西日本は煮干と昆布で出汁をとり淡口醤油をあわせるのが特徴で、一般家庭では市販のものを使うか飲食店に食べに行くことが多く、うどんを粉から打って作る人は少ないようです。薬味にはねぎやわけぎが使われ、好みによって七味をかけて食べる人もいます。
秋田名物になっている『稲庭うどん』は、うどんの中では細いのが特徴で手延べ製法の干しうどんです。また、うどんは香川県の特産物となっていて、『讃岐うどん』が有名です。釜揚げうどん、釜玉うどんなど食べ方もさまざまで、最近メディアに取り上げられていることで全国的にうどん専門店ができるほど知名度は広まっています。

【基本材料】
小麦粉、水、塩