あさりの酒蒸し

『あさりの酒蒸し』

あさりの旨味をそのまま活かした日本食らしい料理で、春と秋が旬です。
まず、あさりの砂抜きをします。平らなバットなどあさりが重ならないように平らに並べ、潮干狩りに行った場合はその場所の海水を持ち帰って入れておくのが1番ですが、そうでない場合は、3%程度の塩水につけておきます。その上からアルミホイルに竹串で所々に穴を開けたものを被せて静かな涼しい場所に置いておくと砂抜きができます。砂抜きが終わったら殻同士をこすり合わせてよく洗い、汚れを落とします。フライパンに入れて酒をふり入れ、フタをしてあさりの口が開くまで火にかけて完成ですが、味をつける場合にはあさりの口が半分開いた状態の時に醤油などを入れます。また、しっかり味付けをする場合はフライパンに油を敷き、にんにくや生姜を入れて炒め、あさりを入れて酒を入れてフタをします。あさりの口が開いたら醤油を入れるという調理法もあります。仕上げにあさつきをきざんだものを盛り付けると更に良いでしょう。
【基本材料】
あさり、酒
【具材にする材料】
生姜、にんにく、あさつきなど