湯豆腐

『湯豆腐』

とてもシンプルな日本食ですが、冬の代表的な料理でもあります。作り方も簡単で、土鍋に昆布を敷いて水を入れ、豆腐を入れて充分に温まったら完成です。冬に一般家庭で作られることも多いもので、タレは主にポン酢を使用し、薬味にねぎ、大根おろし、生姜などを入れます。豆腐そのものの素材の味を楽しめる料理で、体も暖まるため人気があります。また、酒のつまみとしても評価が高く、居酒屋などの冬のメニューにも登場することが多くなっています。中には豆腐だけでなく、白菜やタラなどを一緒に入れるところもあるようですが、あまり多くの具材を入れてしまうと普通の鍋料理と同じになってしまい、湯豆腐の良さが薄れてしまうため邪道と言われています。
湯豆腐は京都が有名で、良質な豆腐はもちろん、水と昆布も厳選されたものを使用する高級料理店も数多くあります。

【基本材料】
昆布、水、豆腐
【具材にする材料】
ねぎ、大根おろし、生姜など