天ぷら

『天ぷら』

外国人にもよく知られている日本食の代表、天ぷらは野菜や魚介類などを小麦粉で揚げたものですが、一般家庭でも良く作られる料理であるものを材料にすることもできるアレンジの効く料理となっています。基本的な作り方は、下準備ができた揚げる素材に小麦粉と溶き卵を合わせた『ころも』と呼ばれるものをつけて油で揚げるだけです。この、『ころも』を作るときは混ぜすぎず、冷水を少し加えるのがポイントで、混ぜすぎると揚げた時にカラっとした食感がなくなってしまいます。また、玉ねぎに三つ葉やにんじん、桜海老などを混ぜたものに衣を加えて揚げたものを『かき揚げ』と呼び、天ぷら料理店には必ずあるメニューの1つとなっています。
非常に簡単に作ることができる料理ですが、高級料理店で扱われることのある奥の深い料理となっています。
【基本材料】
水、小麦粉、卵、油
【具材にする材料】
エビ、かぼちゃ、茄子、青じそ、きす、イカ、ししとう、さつまいもなど