茶碗蒸し

『茶碗蒸し』

茶碗に具材を入れて蒸す日本食で、喉越しが良く外国人にも食べやすい料理です。
比較的簡単に作ることができるため一般家庭でも作られることが多く、具材のアレンジも効くメニューになります。基本的な作り方は、茶碗に具材を入れ、だし汁と溶き卵を合わせたものをこしながら入れて蒸し器で蒸して完成です。溶き卵とだし汁を混ぜるときには泡が立たないように静かに混ぜます。蒸し加減が難しい料理ですので、回数を重ねて経験を積むことで蒸し加減がわかってくるでしょう。また、夏には冷やして出されることもあり、完成した茶碗蒸しの上に冷たいだし汁をかけて食べることもあるようです。

【基本材料】
卵、だし汁
【具材にする材料】
鶏肉、銀杏、三つ葉、蒲鉾、椎茸、たけのこ、小エビ、ソラマメなど