鯛のかぶら蒸し

『鯛のかぶら蒸し』

日本食の中でも上品なイメージのある鯛のかぶら蒸しは、高級料理店で扱われることも多い料理ですが、一般家庭でも作ることのできるものなので特別な日などに作る人も多いようです。
かぶは茎から上の部分を切り落とし、茎と葉の部分は軽く塩茹でして細かく刻んでおきます。かぶの皮はむかずにそのまますりおろして水気をきり、卵白をまぜますが、卵白を泡立ててからすりおろしたかぶと混ぜる調理法もあります。それから、そぎ切りにして熱湯をかけた鯛を器に入れ、その上にかぶと卵白をあわせたものを乗せて蒸し器で蒸し、だし汁、醤油などで味付けしたタレに片栗粉を混ぜて餡にしたものをかけて完成です。
【基本材料】
鯛、かぶ、卵白、だし汁、醤油、酒、片栗粉
【具材にする材料】
みりん、ぎんなん、しめじ、きくらげ、わさびなど