水炊き

『水炊き』

水炊きは冬によく食べられる日本食ですが、福岡県の郷土料理にもなっています。
鶏肉は骨付きのものを使用することが多く、その場合熱湯をかけて臭みと汚れを洗い流しておきます。鍋に水と昆布を入れて煮立たせ、昆布を取り除いたら鶏肉をねぎと一緒に入れて更に煮立たせます。これで充分に鶏がらスープができあがりますので、後はこの中に他の具材を入れて火が通ったら完成です。ポン酢と一緒に薬味として刻みねぎや紅葉おろしを入れてもおいしく食べられます。ある程度食べ終えたら、ご飯を入れて雑炊にするのも人気が高く、ご飯を入れて煮立ったら溶き卵を入れてフタをして半熟状態になったら出来上がりです。最後の締めに食べる人が多いようです。
【基本材料】
鶏肉、白菜またはキャベツ、ねぎ、春菊、豆腐、昆布
【具材にする材料】
椎茸、白たき、ポン酢、ゆずこしょうなど