親子丼

『親子丼』
丼ものの日本食の代表格である親子丼は、鶏肉と卵を使うことから名づけられています。
鶏胸肉を一口大に薄くそぎ切りにし、浅鍋にみりんと酒を入れて煮立たせ、醤油、砂糖、だし汁を加えて更に煮立てます。切った玉ねぎを鍋に入れ、鶏肉を散らし、ふたをして火が通るまで煮たら溶き卵を回しいれ、ある程度火が通ったらどんぶりに持ったご飯の上に乗せて完成です。比較的簡単なため一般家庭でも作られる料理です。卵に火を通し過ぎると固まってしまうので、少し半熟なくらいがちょうど良く人気です。親子丼などを作る専用の浅鍋が売っていて、フライパンで作るより簡単にどんぶりに移しやすいのと火が通りやすいため購入している人が多い調理器具の1つとなっています。また、食べる時に好みによって七味をかけても良いでしょう。
【基本材料】
鶏肉、卵、玉ねぎ、酒、醤油、砂糖、だし汁
【具材にする材料】
みりん、三つ葉、七味など