刺身

『刺身』
日本を代表する料理の1つである刺身は、魚をさばいて生で食べるだけのものです。素材の味を最大限に活かした食べ方ですが、外国では馴染みがなく日本特有と言っても良い刺身は、新鮮なものでなければならず、非常に贅沢なものとも言えます。魚や貝類を骨や皮など食べにくい部分を切り落として加工し、醤油につけて食べるのが基本で、わさびや生姜などの薬味と一緒に食べると更においしさを増します。その素材によって薬味を変え、一般的なものにはわさび、少し臭いやクセがあるものには生姜やにんにくなどを混ぜて食べます。また、魚介類だけでなく、馬刺しやレバ刺しと言った馬肉や鶏肉の部位を刺身にして食べることもあるため、刺身は魚介類だけに使う用語ではありません。
刺身には『つま』と呼ばれる大根の千切りにしたものやシソの葉、わかめなどが付けあわせとして一緒に盛られることが多く、それらも一緒に食べるようになっています。

【基本材料】
魚介類、醤油、わさび、生姜
【具材にする材料】
マグロ、イカ、タコ、ホタテ、鯛、鰹、エビ、鯵など