雑煮

『雑煮』

お正月によく食べられる日本食で、雑煮にも『関東風』と『関西風』があります。『関東風』は、煮立てただし汁で一口大に切った鶏肉を煮て塩、醤油、酒で味付けをします。火が通ったら器に焼いた餅を入れて塩茹でしておいた小松菜などを加え、鶏肉とだし汁を入れて三つ葉などを添えたら完成です。『関西風』は、昆布で取った出汁を煮立て大根やにんじんを加えて更に煮ます。火が通ったら、あらかじめ皮をむいて茹でておいた里芋を加え、西京みそを溶きいれて醤油で香りをつけたら、器に茹でた丸餅を入れて煮た具材と汁を入れて完成です。『関東風』と『関西風』ではあきらかに味付けも異なり、餅の形状や調理法も異なりますので、それぞれの雑煮を楽しむのも良いでしょう。
【基本材料】
餅、だし汁、大根、三つ葉、にんじん
【具材にする材料】
豆腐、鶏肉、かまぼこ、イクラ、きのこなど