ひじきの煮物

『ひじきの煮物』

副菜として人気の高い日本食のひじきの煮物は、鉄分が豊富に含まれていることで有名で、貧血の人や妊娠中の女性に食べられることが多い料理でもあります。ひじきは乾燥したものと生のものがあり、一般的には乾燥ひじきを水で戻して使用することが多いようです。
ひじきを水かお湯で戻し、刻んだにんじんを油で炒めたら油揚げとひじき、糸こんにゃくなどを加えて更に炒めます。ある程度水分がとんだら砂糖、酒、出汁を入れてひと煮たちさせてから醤油を入れて仕上げます。大豆や鶏肉を入れることも多く、鶏肉など動物性のものと一緒にひじきを食べると更に鉄分の吸収が良くなるとも言われています。簡単に作ることができるため、家庭料理の定番メニューにもなっています。
【基本材料】
ひじき、にんじん、油揚げ、砂糖、醤油、出汁、酒
【具材にする材料】
こんにゃくまたは糸こんにゃく、鶏肉、大豆