だし巻卵

『だし巻卵』

家庭料理の代表とも言えるだし巻卵は弁当のおかずの定番メニューでもあります。
溶き卵にだし汁、砂糖、醤油を加えてよく混ぜ合わせ、卵焼き用のフライパンで少しずつ焼いていきます。フライパンに油をしき、よく熱したら卵液1/4程度流し入れ、はしで混ぜながら半熟状の卵を巻くように片側に寄せて再び卵液を加えますが、片側に寄せた卵の下にも流し込むのがポイントです。卵液が固まり始めたら、片側にある卵を戻して一緒に巻いて行きます。この作業を卵液がなくなるまで繰り返して完成です。焼き終えてから巻簾で巻いて形を整えると更にきれいに仕上がります。好みによって大根おろしを付け合せ、醤油をたらして食べるのも良いでしょう。また、中にホウレンソウや海苔などを混ぜるとアレンジが効きます。
【基本材料】
卵、だし汁、砂糖、醤油、塩
【具材にする材料】
大根おろし、酒