きんぴらごぼう

『きんぴらごぼう』

日本食の家庭料理の定番メニューであるきんぴらごぼうは、少ない材料で手早くできるため頻繁に作られます。
ごぼうは皮を軽くそぎ落とし、ささがき、または千切りにして水につけてアクを取っておきます。この時、ピーラーを使うと簡単にできるため、最近使う人が増えているようです。にんじんも皮をむいて薄切りまたは、ごぼうと同じようにささがきにして、フライパンに油をしきごぼうを炒めてしんなりしてきたら、にんじんを加えます。酒、砂糖、醤油を加えて水気がなくなるまで炒めて完成です。出来上がったものに白ごまをかけても風味が出ます。また、炒める時にごま油を使ったり、ごぼうの変わりにレンコンを使ったりしても食感が変わるので、ごぼうに飽きた頃にレンコンに変えるのも良いでしょう。
【基本材料】
ごぼう、にんじん、醤油、砂糖、酒
【具材にする材料】
レンコン、ごま、唐辛子